DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2017-05-22    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

チンパンBLOG.jpg

2 0 1 1
2011.10.22  「空気」というものについて
「空気」というものについて.jpg中国で車にはねられた2才の子供が生き倒れているのを、見て見ぬ振りをして18人ものひとが助けもせず通り過ぎていく様子を、投稿された動画サイトで世界が驚かさせられました。
その間に別の車が倒れている子供をもう一度はねて行きました。
その後のニュースでその子供が病院で死亡したことが報じられました。
まさに「見殺し」です。

この問題はいったい何なのでしょうか?

日本ではこのようなことは起きないのでしょうか?
アメリカでは、フランスでは、ブラジルでは起きないのでしょうか?
私は、知らん顔するひとの人数の違いこそあれ、たいていの国でも起きることだと思います。
日本にはこのような様子を表現する「見殺し」という言葉まで用意されており、きっと昔からあるのでしょう。

この問題は何が原因なのでしょうか?
もし18人の中に、そのひとが知っている子供だったら助けるひとが、きっといたのではないでしょうか?
ということは、ひとは危機に瀕している人を差別するということです。
知人と非知人とを差別してしまうということが、起きてしまうことは珍しくありません。
災害に遭遇して、いの一番に家族を助けるというのは、別の角度で見れば他人との差別の始まりだからです。

もしマザーテレサが通りかかったら子供に手を差し伸べたでしょうか?
きっと救出されたことは容易に想像できますね。
どうして普通のひととマザーテレサのようなひとと、このような大事なことに違いがでるのでしょうか?
どうしてマザーテレサのようなひとは差別をしないのでしょうか?

実に悩ましい問題ですね。

まずこれは道徳の問題だと思います。
では道徳教育が崩壊しているのでしょうか?
確かにそいうこともあるでしょうが、見て見ぬ振りをしたひとたちも「こういう場合は助けなきゃいけない」という道徳観念を持っていたはずです。
しかし、おそらく道徳観念を持っていても、それ以上に他人だから関わりたくないという自己保身が働いたのでしょう。

この問題を中国の道徳規範の低さと批判していてはいけないと思います。
私たち日本人も、家族や友人、知人に対しては援助しますが、他人には案外冷酷な対応をする場合があるはずです。
そのような差別の結果を招く本質的なところに自己保身という心理が強く作用しています。
この自己保身の作用の強さでは、日本は世界でも一等国だと私は考えています。

この保身の構造は、実はたいていのひとが自覚していて、いたって簡単な問題なのだろうと思われます。
このような行動を選ぶ原因は、「その場の空気」に支配されているのです。
日本が太平洋戦争に突き進んだのも「空気」だと言われています。
ひとの生死に関わる重大なことでも、意味不明な「空気」によって決定されるのです。

話が飛躍しますが、会社で働くサラリーマンであれば、会社の命運に関わる意思決定会議でも、考え尽くした意見で決まるのではなく、その場の空気で決まるということを体験しているはずです。

この「空気」については、故山本七平著「『空気』の研究」で明快に書かれています。
是非お読みになることをお勧めします。

福島第一原発事故による放射能汚染で苦しむ東北の人々をいかに助けるかという問題にも、この空気が作用し始めていると思います。
九州電力や佐賀県知事の言動も、政府や国会議員の言動にも、この「空気」が動き回っています。

さてさて、いったい私たちはどうしたら良いのでしょうか?

このブログを読まれた方も、ご自分がこの「空気」に影響されている自覚を感じられていることと思います。
私自身も同様に苦しんでいます。

2011.9.20   幸せってなんだろうと考えた
幸せってなんだろうと考えた.jpg ブータンの国民総幸福量(=GNH)のことがよく言われますが、なぜ97%の国民があれだけ自信を持って幸福ですと言えるのでしょうか?
 人口が70万人で九州と同じくらいの国土面積でインドと中国に国境を接し、一人当たりのGDPは$1,978で世界で122位という国がブータン。
 私たち日本人の感覚からすれば、ブータンの幸せってほんとうかな~?と考え込んでしまいませんか?
もしそうだとすれば、私たちはどういう物差しで測ろうとしているのでしょうか?
 最近日本での日常会話で、幸せとか幸福という言葉がほとんど登場しなくなりました。ほとんどの人は、便利とか快適とか、満足でおしまいです。日本人の概念に幸福というものがなくなったのでしょうか?
 国王と高僧が国民から崇められている国ブータンのGNHは、よい政治、公正な経済の発展、文化の保存、良好な環境の4本柱で支えられているそうです。
 日本の幸福の概念はどんな柱の何本で立っているのでしょうか? ひょっとして「お金」の1本で立っているんじゃないでしょうね?

 私たち日本人は東日本大震災を経験し、また原発事故による放射能汚染と、これから永く生活に影響を受けながら暮らさなければなりません。
 いったい私たちの幸福って何なのでしょうか?
 きっと質素なブータンの幸せは、お金で支えられているのではなく、社会のつながりの網の中で、自分が一つの結び目である実感があるのでしょう。孤独ではなく、役割があり期待されている。そういう社会との関係において、個人のココロが健康なのじゃないかと思うのです。
 新たに今、幸せってなんだろうと、大きなテーマですが、考えてみませんか?

2011.9.10   今、哲学に期待する
今、哲学に期待する.jpg 多くのひとに判断のよりどころを与えるのが哲学の使命だということを、知っているひとがあんがい少ないのではないでしょうか?
大学など日本には多くの哲学を指導する学者や教育者がいます。
いまこそ彼らが、原発問題で揺れる国民に、考え方を提示するときだと思います。
3.11以来原発事故について、マスコミに登場した学者や評論家たちが、私たちにどう考えるべきかを語ってくれたでしょうか?
 政治家がビジョンを示せない今この時に、私たちが判断するよりどころを示し、生きる指針を与えるという哲学の本来的な任務を果たしてほしいと思います。
永い間有力な発言をしてきた釈迦やキリストやアリストテレスに、またもや私たちは直面している問題を解く鍵を求めるのでしょうか?
 哲学はいつも、その時代その時代の一番大きな困難に対して、可能な限り正しい解を見つけるという仕事がまずあるはずです。
その仕事より優先される研究活動はないのではないかと、改めて今日は考えを巡らせていました。
世界で唯一原爆を体験した国の哲学に今、期待したいと考えます。

2011.9.8    クレイジーな人たちがいる

 私、清水隆夫はデザイナーです。25歳で米国ロサンゼルスで就職しデザイナー活動をスタートさせました。その後帰国しYAMAHAのチーフデザイナーを長く務め、特にスポーツ分野の創作を得意としてきました。平行して母校の武蔵野美術大学の非常勤講師として多くの後輩デザイナーを育て、さらに教育雑貨店「ザ・スタディールーム」を創業し長く経営しました。しかし一定の軌道に乗せてその経営を退き、またYAMAHA時代からのデザイン・パートナーで大学同級生の岡部さんと、まったくのゼロからこの好奇心の森「ダーウィンルーム」をスタートさせています。
 今日の話は、若い時にアメリカで出会った、APPLEⅡというパソコンの誕生とその後のLisa(Macの前身)、そしてMacintoshとの衝撃的な出会いです。
 渡米したのが西海岸で、そのとき2歳下のスティーブ・ジョブズ氏が家のガレージで仲間3人と個人でも買えるコンピュータを作り、販売を始めた時だったという幸運に恵まれました。私はロスの町の電気屋でAPPLEⅡを触り、なんだこれは!すばらしい!と感激しました。
 しかし米国と言えども私の会社では、IBMのマシンで事務処理をし、まだデザインルームではミニコンCADの使いにくいコンピュータで仕事をしている時代でした。
 そして帰国して、YAMAHAとさらにデザイン活動を本格化させ、米国と日本を行き来するようになりました。その中でLisaに触れ、ついにMacintoshが登場し、その時雷にうたれたように頭に電撃が走りました。「これだ!間違いなくこれの時代が来る!」と確信し、商社に依頼して初代Macintoshを輸入して使い始めました。
 しばらくして、私の武蔵野美術大学の講座を、設立されたばかりのApple Japanが支援してくれて、おそらく4年制昼間部の大学では初めて、学生一人に1台のMacを使った授業を始めました。以来デザインするのはMacが良いという常識が、業界には出来上がってしまいました。
 このように約30年間、私のデザイン活動はすべてMacが支えてくれました。言い換えればMacに食べさせてもらって生きて来たと言っても過言ではないでしょう。本当に礼を言いたいと思います。
 ブログの始めに掲載した映像は、この奇跡のコンピュータを開発したジョブズ氏が、1985年にAppleを追われ1996年に復帰し翌年のキャンペーンで「Think different」を呼びかけた時のイメージCMです。
 このキャンペーンに、新しい時代を創るという彼の姿勢と信条がはっきりと表れています。
 私はこのメッセージが大好きです。私も彼のビジョンのように人間を前進させたい、世界を変えたいと、必死になって活動して来ました。いまも挑戦しています。
 先日、ジョブズ氏は数年前から膵臓がんを患っていて、もともと非常に難しい部位の癌だけに心配されていたのですが、ついにCEOを退任することになりました。まだまだ頑張ってもらわなきゃいけない人類の財産のような人物ですから、残念です。
 彼の回復を祈りながら、大好きな「Think different」の映像を皆様に観て頂きたいと思いました。

2011.8.28   原発事故後について
原発事故後について.jpg 最近の政治と原発にまつわる状況に大きなストレスを感じています。
 DARWIN ROOMとして、このような思想信条に関わることを、公に話したりすることは、常識的には良くないことだと思います。しかし、今回の東日本大震災と、その中の原発事故は、そんな平時の常識などと言っておられない非常事態だと思います。
 昨夜もNHKスペシャル番組で、原発をどうするかというテーマの市民討論番組を観ました。そこでは他と同様に脱原発か原発推進かの押し問答をしていました。
私は仕事柄、過去ヨーロッパに70回ほど行きました。ちょうどチェルノブイリ原発事故の頃が一番頻繁に渡欧していて、ロンドンやパリ、ミラノ、ミュンヘンの街角で、チェルノブイリ原発事故後の情報を、新聞やテレビ、通りの壁新聞やポスター、街頭での市民討論会などを生で観ています。また現地の仕事仲間や知人を通してチェルノブイリ原発事故後に何が起きているのか、いろいろな話しを聞きました。ヨーロッパはチェルノブイリと地続きで近いし、アルプスが汚染されたのです。ドイツやイタリアが脱原発を国民が決めたのはその体験があるからなのです。
 私にもその見聞きした体験があるから、今回の福島原発事故がいかに深刻であるかを肌で感じています。
 おそらく、これからしばらくすると、体内被爆した家畜に奇形した子供が生まれて来ます。それを日本のマスコミが報道するかは疑問ですが、チェルノブイリの時のヨーロッパでは日常的にそのような報道に触れることができました。家畜だけではありません、人の子供も同じです。
 日本のマスコミはそのような実例報道をまったくしないし、無責任な官僚や政治家、学者や評論家、経済界の重鎮らが、お金にまつわる自分の既得権のために、電力不足を演出しそれを人質にして、原発を何とか残そうと必死になっています。
 日本のそのようなひとやマスコミ報道を信用するのは本当に危険です。
 実に悲しいことです。
 DARWIN ROOMは「教養の再生」を理念にしています。
ひとがさまざまな困難に遭遇したり、いろいろな場面でどのような道を選択するのか?その決断の意思決定の根本に、機能とか作用するのが「教養」だと考えます。
 そういう意味において、DARWIN ROOMにご縁のある方には、インターネットなどを活用して、チェルノブイリ事故後の人々の暮らしがどうであったかの情報を検索し、いろいろご覧になられることをお勧めします。そして、是非ご自分のお考えを明瞭にされることを願います。

文責:清水隆夫

2011.7.16   俳優の瑛太さんとのコラボレーション
俳優の瑛太さんとのコラボレーション.jpg 今月発売された「GINZA」8月号(マガジンハウス社のファッション誌)紙上で、俳優の瑛太さんをDarwin Roomで特別に撮影したイメージ特集が6ページ(120p-125p)にわたって掲載されています。
 これは、瑛太さんがDarwin Roomの剥製などの標本がある博物館のような空間が好きで、マガジンハウス社が是非Darwin Roomをスタジオとしてイメージ映像を撮影したいという申し出を受ける形で実現した、実にユニークなコラボレーションです。
 撮影当日(6月3日)は臨時で営業を3時間止めて撮影を行いました。撮影後、瑛太さんはDarwin Roomの商品をたくさん購入されたり、コーヒーでしばらく楽しく談笑し、とっても気さくな方なのでスタッフも至福の時間を過ごさせて頂きました。Darwin Roomとしても、もともと瑛太さんが好きで、大変良い感じの映像ができたと喜んでいるのです。
 今、全国の書店などで¥650で購入できます。是非ご覧ください。

2011.6.27   核と原発のない明日は来るのか?
核と原発のない明日は来るのか?.jpg最近の菅首相降ろしの大合唱!みなさんどう思いますか?
私には菅政権が、阿部、福田、麻生、鳩山政権より劣るとは思えません。
自民党政権が進めて来た原子力事業政策の問題を、なぜか菅首相のせいにするような、実におかしな現象です。
菅政権にはいろいろ失敗もありましたが、菅氏が意欲を燃やす自然エネルギーの推進を含む脱原発の方向は、国民にとって実は良い方向だと思います。
しかしそれを阻もうとする電力利権を手放したくない自民党と民主党の一部の政治家たち。巨大な天下り先を失いたくない霞ヶ関の官僚たち。研究支援を受け続けたい御用学者たち。スポンサー料をもらい続けたい大メディアたち(新聞・テレビなどのマスコミ) 、原発の恩恵を受け続けたい産業界 など、まさに政・官・学・業がスクラム組んで菅首相降ろしに必死になっています。
この権益構造に国民は気付かねばなりません。そうでなければ、私たちの次世代に本当に申し訳ない事態が待っていることでしょう。
電力利権の実態は、独占企業である電力会社の電気料収入が、3%以上の利益が出た場合、電気代を応分に下げなければいけない法律があるために、 電力会社は 国民に利益を還元しないで、政・官・学・業にお金をバラまいて来たわけです。その結果、日本を動かす巨大な権力構造が出来上がりました。一例でも経団連の副会長のポストは歴代電力会社席となっています。
さっそく経団連の米倉会長は、菅首相が出した再生可能エネルギー全量買取法案を「この法案ほど社会主義的なものを感じざるを得ないものはない」と法案成立を阻もうとしていますし、 石原自民幹事長 は「買取り価格を料金に上乗せして¥200〜¥500/月、電気料金が高くなり、国民をこれ以上苦しめるわけにはいかない!」と福島原発事故でこれだけ国民を苦しめ、自分たち自民党の政策ミスで今後何十年と苦しめ続けることになった事実を棚に上げて、国民負担¥500増をダシにして、またもや脱原発の妨害を煽っています。(原発の無い平和な暮らしが出来るなら¥500は安いと思いますし、一時上がっても自然エネルギーが増えていけばまた電気料金も下がっていくでしょう。)平沼 たちあがれ日本代表も「いままでが1%だった再生可能エネルギーがどうして急に20%になるんですか?」と夢か幻の政策だと自然エネルギーの推進を批判しています。これらの政治屋は、国民の命よりも自分たちの権益しか考えていない人たちですね。
私たちはむしろ菅氏を応援すべきじゃないでしょうか?
おそらく力関係的に、次の首相は脱原発の人物にはならないでしょう。いまの事態を冷静に見つめ、菅氏の人間性をうんぬんするのではなく、政策の是非とその周りの状況をよく考えないと本当に取り返しのつかないことになります。
菅首相の今が、核と原発のない平和な日本を創るための千載一遇のチャンスなのかもしれません。
文責:清水隆夫

2011.6.9    ちい散歩の放映
ちい散歩の放映.jpg 6月6日(月)9:55〜テレビ朝日の「ちい散歩」がダーウィンルームを取り上げてくれて放映されました。
 俳優の地井さんも珍しい物ばかりで、少々困惑気味でしたが、実に興味あふれる世界が広がっていると評価して頂きました。また木彫りのフクロウの置物をお買い上げになられ、楽しいひと時を頂きました。
 またのご来店をお待ちしております。
 そして、放映直後からテレビで見てというお客様が続々と来店され、地井さんが買われたウッドフクロウをお求めになられたり、珍しい物に驚かれたりでお店がとても賑やかです。
 地井さん、ありがとうございました。

2011.5.16   本日発売BRUTUSに掲載され大忙し!!
本日発売BRUTUSに掲載され大忙し!!.jpg 本日発売のBRUTUS 709号にDARWIN ROOMが掲載され、今日から問合せだとか、早速ご覧になられたお客さんが急増して、普段の月曜日とは違って大忙しでした。
 この号は「本屋好き」をテーマに全国100店舗が掲載されているのですが、ダーウィンルームは2番手に見開きで登場し、読まれた方には目につくらしく、小さな小さな写真の中に「探していた本があったので飛んで買いに来ました〜!」というお客さんも来られたり、大いに賑わいました。

 BRUTUS 709号はDARWIN ROOMでの店頭販売用にマガジンハウスから20冊仕入れたのですが、すぐに無くなりそうな勢いです。
 さて明日からも忙しくなると嬉しいですね。

2011.5.14   土曜の午後は読書
土曜の午後は読書.jpg 久しぶりにのんびりした土曜日です。
クレモンティーヌのBGMに乗って本を選ぶお客様。(お写真使いましてスミマセンです。)
 下北沢のDARWIN ROOM前の六差路は、歩くスピードもゆったりと、散策を楽しむカップルや家族連れが大勢行き交い、震災や原発の問題もしばし忘れたようにココロの静養を本に求められるお客様が多い午後でした。
 構造主義など結構な読み応えのある本がたくさん出て、私が読みかけていた「ピアジェとレヴィ=ストロース〜社会科学と精神の探究」が売れちゃいました。また探さないと、、嬉し悲し、、。
 それと、16日発売のBRUTUS709号に好奇心の森「ダーウィンルーム」がP18-19に掲載されます。DARWIN ROOMでも販売しますが、全国の書店やコンビニで是非ご覧になってください。

2011.5.4    今年も時計草が咲きました!
今年も時計草が咲きました!.jpg 去年の咲き始めが5月25日でしたので20日早い開花です。DARWIN ROOM の外観に彩りを与えてくれる時計草は、ヨーロッパのボタニカルアートに必ず出てくる植物です。このツル植物の旺盛な生命力はすごくて去年は11月末まで咲いていました。
 私は、この花を岡本太郎の「太陽の塔」に見立てて「こんにちわ!」と挨拶するのですが、きっと時計草も大勢の道行く人たちに「こんにちわ!」と挨拶してくれるでしょう。それに、ご近所の方達が楽しみにされていますので、店前通りでの会話が、これから毎日弾みますね。

2011.5.3    チャリティー・ペーパーバッグの反響
チャリティー・ペーパーバッグの反響.jpg スタッフが夜なべして製作した 東日本大震災の復興支援チャリティー企画のリサイクル・ペーパーバッグは密かな人気でした。
 バッグを購入されたお客様の中には、2枚、3枚と沢山買って頂いたり、ギフト包装に使って頂く男性のお客様もいらっしゃいました。
また、作り方を教えて下さいと言われる若い女性も多数。
楽しそうに、どれにしようかな…!?と選んでもらえることが、とても嬉しかったです。
 今後もチャリティバッグの他にも、支援企画をダーウィンルームとして行っていきたいと考えています。

2011.4.28   空前絶後の手描き本
空前絶後の手描き本.jpg あるお客さんから妹尾河童(せのお かっぱ)氏の話がでたので、改めてダーウィンルームの在庫にあった「河童が覗いたインド」を拾い読みしてみました。
 インドを旅行しながら宿泊ホテルの間取りなどインテリアをつぶさに細密画にしたり、民族衣装の着こなし方の説明画や、見下ろした町の細密風俗画など、とにかく驚きの本です。真似をすることの出来ない気の遠くなるような手間ひまをかけた空前絶後の手描き本です。妹尾氏は1930年神戸生まれのグラフィックデザイナーですが、その後日本を代表する舞台美術家として活躍されました。本書も7年がかりの労作だそうで、こういうのは精神と肉体のバランスがよく、経験的視点で眺められる人生のある時期一度しか描くことが出来ないモノだと思います。写真を使用したガイドブックとはまた違った説得力を持ち、時代を超えています。1985年初版本の在庫が2冊あり、ダーウィンルーム価格は¥945(税込)です。
表紙の装丁はこちらで見てください。

2011.4.23   旅って、こんなに素晴らしかった!
旅って、こんなに素晴らしかった!.jpg この本は非売品です。
 THE STUDY ROOMとDARWINROOM 創業の相棒が留学した時の思い出本です。大事に扱わないと叱られます。
 これは1981年初版、今から30年前に出版されたGUIDE anan「パリからの旅」堀内誠一著で、実にすばらしい名ガイド本です。堀内氏は ananの創刊からアートディレクターを務めたイラストレーターで、家族とパリに過ごした8年の体験を、独自の表現力で、パリとフランスの町々を案内してくれます。彼が初めて渡ったプロペラ機の頃、憂鬱なパリが変貌していく時代を新鮮な視線でとらえ、憧れるパリに胸ふくらませるのに、これ以上の宝物はめったにありません。
 私にとっても、日曜の午前中 テレビでは「兼高薫 世界の旅」で異国の文化にワクワクときめき、とにかく外国へ行ってみたいと夢見ていた時代から、わずかに時代が進み、彼女はエールフランスに乗りオルリー空港に降り立ちパリ留学した。「何とうらやましい〜!」この本はそんな良き時代を思い出させるのです。

※ちなみに少し大きいB5サイズ復刻版が出ているのですが、1990年版古書¥1,600が現在1冊だけ在庫があります。

2011.4.22   何を守ろうというのだろう。
何を守ろうというのだろう。.jpg 写真は福島県知事に謝罪に訪れた東電の清水社長です。
震災から1ヶ月以上たってからのことです。 恵まれた大企業のトップなのに、被災された方々にその言葉がまったく届いていません。
 どうしてなんでしょう?
 そもそも、何万人にもおよぶ社員を統率し、危険をともなう作業員の安全に配慮し、社会の命綱である電力を供給する社会的責任力においても、ずば抜けた人物だからこそトップに立っているはずです。こういうときこそ、危機に立ち向かうリーダーとして避難民を勇気づけ、国民を納得させてくれなければいけません。
 でもそうではありません。そういう空気感とは異質な姿なのです。
 何を守ろうというのでしょうか?
 この姿を見ていて感じるのは、ずば抜けた能力を評価されてトップに就いたのではなく、何もしないことで失敗もなかったからトップになれた、という東電の企業文化です。おそらくそうして出世して来たから、今回も何もせず、何も説明しないでやり過ごそうとしているのだと思います。
 しかしこの度は企業人として最後の舞台になるかもしれないのです。ならばこういう時こそ全身全霊で取り組んでも良いのではないでしょうか?
 東電のトップには、どうしてこういう事故が起きたのか、失敗を反省し学んだことを次世代に残してもらわなければいけないのです。でもそのような気配はまったく感じられません。世界の国々が日本を戦々恐々と見つめているのも無理もないことでしょう。私たち国民にも固唾を飲んで見えるのは、必死に企業防衛に走り自分を守ろうとしている我国の大企業トップの姿です。
 震災前には、その大企業に就職できない若者の苦悩の姿が、連日報道されていました。若者もこの機会に、震災で苦労されている人々に対する、その就職したい先であろうトップの生き様を良く観察し、自分たちの歩むべき人生をじっくり考える良い機会とするべきでしょう。

2011.4.5    窓下の畑について
窓下の畑について.jpgダーウィンルームはビルの1階なのですが、ビルオーナーの許可をもらい、建物外側面のコンクリートを砕く工事をして、耕すことができる地面状態の花壇というか畑にしています。その畑にいろいろな植物を栽培しているのですが、今回はショップで販売している栽培キットのミントの種を植えたところ、芽が青々と元気に出て来ました。その手前にはチューリップの芽が間もなく顔を出しそうです。女性スタッフが毎日丹誠込めて手入れをしています。
ご来店の際には、ぜひ畑も観てください。

2011.4.4    コーヒー豆「パプアニューギニア・エリンバリ」物語
コーヒー豆「パプアニューギニア・エリンバリ」物語.jpgダーウィンルームのコーヒー豆「パプアニューギニア・エリンバリ」は、オーストラリアの北にあるパプアニューギニア島で、選ばれた農家が農薬や化学肥料といった有害な化学物質を一切使用せず栽培しています。この豆はブルーマウンテンと同じルーツを持ち、標高1,800mのジャングルで美味しく育ちます。昼間は暑いが空気は澄んでいて朝晩は冷え込む、高原独特の気候です。コーヒーの木をバナナの木が直射日光を遮り、完全に赤く熟した豆だけを手摘みし、皮むきをして地面から離した台の上で天日乾燥させることでよけいな湿気を防ぎながら乾燥させます。工程はすべて手作業で、コーヒー作りのレベルに応じて作業員のユニフォームの色が決められていて、青シャツは高品質の「 エリンバリ」が作れる人にだけ着ることが許されているそうです。
そしてパプアニューギニアを出たコーヒー豆は、約1ヶ月の船旅をして横浜港に荷揚げされます。

2011.4.1    チャリティー・リサイクルペーパーバッグ
チャリティー・リサイクルペーパーバッグ.jpgうれしいですね〜!
おかげさまで復興支援プロジェクトで義援金にするためのチャリティー・リサイクルペーパーバッグが好評です。特に若い女性に人気です。皆さん喜んでご協力して頂きます。本当に有り難いことです。ダーウィンルームは責任を持って日本赤十字社に売上金を納めます。
スタッフもリサイクルペーパーバッグの製作に、ますます力が入り頑張ります!
微力ですが、私たちも東北の皆さんと共にあります!
明日からもご協力よろしくお願いいたします。

2011.3.31   復興支援プロジェクト
復興支援プロジェクト.jpg 4月1日(金)より店頭で、スタッフが一枚づつ、丹誠込めて製作したDARWIN ROOM手作りのチャリティー・リサイクル・ペーパーバッグを¥200(税込)で販売し、消費税を除く売上金すべてを、被災地への義援金として日本赤十字社に納めます。
 是非みなさまのご協力をお願い申し上げます。
 このバッグは、捨てない工夫で楽しむ知恵により、使用済み厚紙クラフト紙の二重設計で、重い物にも十分耐える丈夫な作りです。単行本6冊を余裕で持ち運びでき、使い切りではなく何度も使用できます。一枚づつすべてデザインが違うバッグが、大航海時代の博物学の図柄などにより、ダーウィンルーム独自の味わいを出しています。

2011.3.29   大震災の義援金
大震災の義援金.jpg 東北関東大地震の被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
 毎日報道される被災者の方々のご苦労が、少しでも早く改善されることを願ってやみません。ダーウィンルームでは少しでもお役に立ちたいとの気持ちで、お客様のご協力をお願いする義援金ボックスをレジ前に置いています。
 集まったお金は責任を持って日本赤十字社に入金いたします。ダーウィンルームをご利用の際には、是非ご協力をお願い申し上げます。

2011.3.20   節電中の店内
節電中の店内.jpg 大震災後9日経った日曜日。
 被災地では80歳の女性と16歳の少年が瓦礫の中から救出されたニュースがありました。おばあちゃんとお孫さんでしょうか、本当によく頑張りました良かったですね。
 ダーウィンルームは、節電で薄明かりの店内で営業していますが、大勢のお客様がご来店頂いて本当に感謝申し上げます。
 今回知ったことですが、地震のメカニズムからすると、地震と津波の発生したところでは、プレートが動き続けるわけですから、必ずまた発生するそうで、だいたい同じ間隔だそうです。その間隔がわかれば今後は何とかならないのか、、それとこれからは津波の来ない高さの町つくりをして暮らすようにすべきと考えます。
 去年のNHKスペシャルでは東北大学が仙台の1000年前の地表から大津波のあった痕跡を発見しいつ地震が来てもおかしくない時期だと警告していました。こういう専門家の声に耳を傾けて、政府や自治体の都市計画を見直し、国民を救済するよう要望します。
 ガンバレ東北!です。

2011.3.19   地震の最中に撮った店内
地震の最中に撮った店内.jpg東北関東大震災で被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。
おかげさまでダーウィンルームは、被害もほとんどありませんでした。
写真のように一部の小物が落下しましたが、破損を免れ、11日の当日中に整理し開店することが出来ました。
たくさんのご心配をいただき誠にありがとうございます。
13日(日)より営業時間を短縮して節電に協力していますが、当分続けるべきかなと考えています。
被災地にダーウィンルームとして何が出来るか、考えています。

2011.3.12   地震〜津波から次の心配
地震〜津波から次の心配.jpgこの度の東北地方太平洋沖地震被災の方々にお見舞いを申し上げます。
でも、悲しみに暮れている場合ではありません!三次災害の心配があると思います。福島原発の半径20kmの住民への避難命令が発令され、石油タンクの爆発炎上などが続いていて、放射能はもとより化学的有害物質が大気中に広がり雲などに付着し雨と一緒に降る恐れがあると考えるべきでしょう。東京も3/14(月)の天気が雨のようですから、雨を直接に身体に触れないように注意した方が良いと思いますね。取り越し苦労であればよいのですが、、、。

2011.2.28   facebookについて
facebookについて.jpgまたまたご無沙汰しました。
先日、何はともあれまず使ってみると宣言したfacebookなのですが、、、実は悩んでいます。
と言いますのは、facebookは、友達として承認した方だけではなく、その方のお友達も、私だけではなく関係者のすべての会話を読むことができるということを知らずに、facebookでお会いしましょうなんて調子の良いことを宣言してしまい、友人とのくだらない会話まで何もかも丸裸ということで、私のような言いたい放題の人間には、なかなか難しいプラットフォームだと気づき、またいろいろな方に迷惑をかけるんじゃないかと悩んでいる次第です。
そういう意味では、個人のfacebookではなくDARWIN ROOMとしてのfacebookを開いて、みなさんと自由に交流すべきだと考え直しているところです。
たくさんの方からリクエストお頂きながら、お恥ずかしい話ですが、よく理解してから改めて始めますので、もう少しお時間を頂きます。
すみません!よろしくお願い致します。

2011.2.12   何はともあれまず使ってみるか?
何はともあれまず使ってみるか?.jpgみなさん、ご無沙汰しました。
ダーウィンルームがテレビに取り上げられたり、何かとドタバタしてブログ更新が停滞していました。
昨晩からfacebookに入会して、これからいろいろな方と交流してみようと考えています。現時点では使用方法などまだよくわかっておりませんので、これをお読みの先輩の方々にはご指導をお願いいたします。
facebookと言えば米国大統領選の際にオバマ氏が世論形成と献金集めにこのツールを駆使したと聞いていますし、最近のチュニジアの23年間の独裁政権崩壊にも影響を与え、エジプトらに伝播したのもfacebookが多いに影響したと聞きます。
そんな人々の意志の交流がどのようにして可能なのか?
私たちも使用して実感してみたいと思います。

2011.1.10   イボイノシシ
イボイノシシ.jpg1月7日に入荷したばかりのイボイノシシの雌(メス)の剥製標本で、アフリカのサハラ砂漠以南に生息してます。
イボイノシシというと頬の両脇にまさにイボがあり牙が大きくカールしていて ディズニーのライオンキングのキャラクターでよく知られた気の優しい「プンブァ」を思い浮かべると思いますがそれは雄(オス)なんですね。
以前この玄関横のスペースには、アフリカの草原を跳ね走るスプリングボックの剥製標本が居たのですが、それが売れちゃったのでこのスペースに代わりを探していたところ、イボイノシシの雄はサイズが大きくて収まらないのですが、ちょうど雌なら収まることがわかり調達しました。
これから彼女が皆様をお迎えいたします。

書 籍
B O O K S

book.jpg

古書
 ▶単行本(古書)
新刊書
 ▶単行本(新刊)
 ▶新書(新刊)
 ▶文庫(新刊)
 ▶年 表
 ▶洋 書
 ▶図 鑑
 ▶絵 本
 ▶地 図

標 本
S P E C I M E N

キアゲハ¥2,950.jpg

剥 製
 ▶哺乳類
 ▶鳥 類
昆 虫

 ▶ピン標本
 ▶アクリル標本

鉱 石
化 石

種 子

その他

美術品
W O R K of A R T

火炎土器.jpg

美術品
 ▶考古学レプリカ
 ▶民族美術品
 ▶木彫置物
模型・玩具
 ▶フィギュア模型
 ▶パペット
装飾品

アクセサリー

道 具
T O O L S

喫 茶
C A F E

coffee shop.pdf

コーヒー豆
食 器
コーヒー物語
▶ メニュー

ご利用ガイド
USER GUIDE


ご注意願います。
工事中のため、下記ガイドの文章は未完成です。
内容についてはまだ責任を負いかねますのでご容赦願います。
ご利用ガイド
ご利用規約
特定商取引に基づく表示
お問い合せ

関連リンクLinkIcon