DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2017-06-04    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お知らせ|夏の特別企画「カエル展」の開催
アカメアマガエル/オタマジャクシ.jpg
ーーーーーーーーー
The Frog Exhibition
カ エ ル 展
水 か ら 飛 び 出 た 生 き も の た ち
ーーーーーーーーー
期 間: 2016. 7.13(水)〜8.31(水)13:00〜20:00
       イベント開催日は約18:00まで(日により異なる)

会期中には、池田さんのご講演、カエル研究者との対談、電車でカエルや生きものを観察に行く野外授業、カエル生態の科学映画の上映会など、さまざまな興味あるイベントを行います。イベント情報はFacebook、twitter、ホームページ等で随時詳しく告知しますので、どうぞお見逃しなく!
キュレーター:池田 威秀 さん(京都大学野生動物研究センター研究員)
アカメアマガエル/尻尾出た.jpg
会 場:下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ
入場料:ドリンクチャージ制
¥600税込|小学生 ¥300税込
    おいしいコーヒーか紅茶付き (ホットorアイス)
    ※イベント参加料は別途

《内容》
古くから身近な生き物として愛されてきたカエル
水の精として崇められたり、悪魔になったり。
また毒を利用したり、薬を生み出したりと私たちの生活にも大きく関わってきました。
一方でカエルをはじめとする両棲類は、水中の生活から陸に上がった最初の脊椎動物と言われてます。
彼らの特徴は「変態」すること、つまり幼生(オタマジャクシ)からカエルに変わることにあります。
一生のうちに、水中生活から陸上への適応というとんでもないことをやってのけるカエルたち。
変態とは、つまり、生物の陸上への挑戦の縮図ともいえるものです。
今回の展示会ではカエルたちとその変態、また驚くべき生態にスポットを当てます。
変態で何が起こっているのか? 水から離れられない彼らがどのように生息地を広げたのか?
ダーウィンルームとしては初めての試みとして、生体を中心に展示会を行います。
小さなカエルが起こす大きな奇跡を見にきてください。

《 プロフィール》
池 田 威 秀 ・ いけだ たけひで
東京工業大学大学院生命理工学研究科博士課程修了。博士(理学)。
お茶の水女子大学/慶応義塾大学等 非常勤講師を経て京都大学野生動物研究センター研究員。
専門は動物行動学/生態学、特に体色の適応的意味。研究対象はネオンテトラ、ワカケホンセイインコ等。現在はJICA/JST SATREPSプログラム「“フィールドミュージアム”構想によるアマゾンの生物多様性保全」プロジェクトに従事。

お知らせ|カエル展2016のイベントスケジュール

・7月22日(金)19:30〜
基調講演「カエル展の楽しみ方」
講 師:池田威秀さん(京都大学野生動物研究センター研究員)
参加費:¥2,000 税込/高校生以下半額(ドリンク付)
今回のカエル展のキュレーター池田さんがカエル展の楽しみ方と、南米アマゾンで行っているフィールドミュージアム構想やレインフォレストのお話し。

・7月29日(金)19:30〜
第19回 科学映画研究会
科学映画deカエル編
ゲスト:武田 純一郎さん(科学映画監督)
聞き手:清水 浩之さん(映画祭コーディネーター)
キュレーター:池田 威秀さん(京都大学野生動物研究センター)
参加費:¥2,000 税込/高校生以下半額/おいしいコーヒーか紅茶
科学映画の中からカエル展にちなんだ「カエル 遺伝発生学の開拓」と制作者を招いてカエルに関するお話しをいたします。

・8月5日(金)19:30〜
ー夏休み自由研究ー
カエルって飼えるの?両生類・爬虫類飼育入門
講師:笹井隆秀さん(水族館学芸員)
聞き手:池田 威秀さん(カエル展キュレーター・京都大学野生動物研究センター)

・8月7日(日)9:30〜最寄駅集合
野外授業「カエル遠足」
コーディネーター:舘野 鴻さん(生物細密画家・絵本作家)
キュレーター:池田威秀さん(京都大学野生動物研究センター)
小田急線の渋沢駅で集合し、神奈川県秦野市の自然の中の有機栽培の田んぼの生きものの観察と、その周辺の自然の観察をお二人のお話しを聞き、スケッチなどを楽しむ会です。

8月21日(日)18:00〜20:00
カエルは何を食べて、どう鳴くの?
~繁殖期のカエルたちの採食生態とニホンアマガエルの鳴声に関して~
第12回フィールド生物学入門「野生に挑む!」
テーマ:カエルは何を食べて、どう鳴くの?
ニホンアマガエル/鳴いている.jpg日 時:2016年8月21日(日)
      18:00~20:00(開場17:30)
講 師:佐野 誠 さん(ナチュラリスト)
    篠原 正典さん(帝京科学大学・准教授)
聞き手:池田 威秀さん(京大野生動物研究センター)

ーーー
8/22現在、カエル展関連のイベントは全て終了し、
残すは31日までのカエル展の本展示のみです。
よろしくお願い申し上げます。

カエル展修正FF.ai

▶お問合せとお申込みは下記から

電話 & FAX
03-6805-2638
メール
darwinroom@me.com

※メールの場合は下記の項目を
     必ずお書きください。
・件 名:(例)7/22 基調講演参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:

好奇心の森「ダーウィンルーム」
担当:清水久子

アカメアマガエル/大人.jpg

イラスト:しみず ひさこ