DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-11-09    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お 知 ら せ |第12回『彦いちラボ』の開催
第12回彦いち師匠.jpg
Darwin Room Liberal Arts Cafe
彦 い ち ラ ボ
日 時:2017年 5月 24日(水)
    19時半〜21時(19時頃 開場)
出 演: 林家 彦いち( 落 語 &トーク)
会 場:下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ
料 金:¥2,000税込/高校生以下半額 おいしいコーヒーか紅茶付き

 あっという間に桜散り、ゴールデンウィークを過ぎれば初夏のごとし。第十二回 『彦いちラボ』のテーマは「コミュニケーション」。さて、「落語」と「コミュニケーション」、どんな関係があるのでしょうか? たとえば、修業時代、彦いち師匠はお師匠の着物を畳んでいた。他の師匠方にお茶を用意したり、身の回りのお世話をするのが弟子の役割だったそうで、師匠方の会話を聞くことも修行の一つだったのでは、と想像する。

 5年続いた「こども落語」。
子ども達 一人一人に芸名をつけ、徹底的なコミュニケーションをはかったそうだ。その情熱が少年少女たちを「落語」の世界へ誘い、大会では、チャンピオンも出たそう。また、世界中を旅する彦いち師匠は、世界各地で「奉納落語」を習わしとする。なんと、世界最高峰エベレストでも行ったとか。彦いち師匠にとって、コミュニケーションの醍醐味とはなんだろうか?

 さて、「コミュニケーション」をキーワードに真打・林家彦いちが実験的落語を行います。
お見逃しなく 、
ご参集くださいませ!

林家 彦いち
http://www.hikoichi.com/
昭和44年 鹿児島生まれ
平成元年 国士舘大学文学部地理専攻科中退後、初代林家木久蔵(現・林家木久扇)へ入門、前座名「きく兵衛」。
平成2年 初席、池袋演芸場にて初高座「寿限無」。
平成5年 二つ目昇進。「林家 彦いち」に改名。
《主な受賞歴》
平成12年 十回「北とぴあ落語大賞」受賞
平成12年 NHK新人演芸コンクール落語部門 大賞受賞
平成14年 真打昇進
平成15年 第九回林家彦六賞受賞
平成18年 彩の国 落語大賞受賞

彦いちラボ/第12回.ai

▶お申込み

終了しました。

03-6805-2638
darwinroom@me.com
担当:清水久子

メールの場合は必ず下記の項目をお書きください。
件名:5/24 彦いちラボ参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:

バケツの魚.jpg

イラスト:しみず ひさこ