DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-11-09    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お知らせ|サバンナ獣医師 神戸俊平アフリカ日記の開催

神戸先生写真(子象の剖検).jpgアフリカ野生動物の獣医師として40年を越える経験を、ダーウィンルームでお話しいただきます。
家畜診断でマサイ族との交流など、希少なお話しとアフリカの動物種の生態の実情など、とても貴重なお話しをいただけると思います。ぜひご参加ください!
* * *
2017年10月27日(金)19:30〜21:00
神戸 俊平 さんナイロビ在住 獣医師
下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ
手術台のチータ.jpg¥2,500 税込(高校生以下半額/ワンドリンク付き)
* * *
▶︎神戸先生からのメッセージ
現在、アフリカ生活40年を迎えました。
還暦を過ぎた現在も、獣医師・NGO団体として活動を続けています。マサイ族の家畜診療、野生動物保護、象牙国際取引反対運動、ODA開発の環境問題提起、エイズ罹患者カウンセリング、スラムでの給食活動などに取り組んでいます。
長崎大学の研究室で毎年、春と秋の2回、日本に帰国するたびに、環境保全・野生動物保護に関する問題提起や啓発発信もしています。
また、2010年に長崎大学の熱帯伝染病研究博士課程に入学し、伝染病について学び直しています。
これからも獣医師として、NGO団体として、アフリカの大地に根を張る活動を続けていきます。
なにとぞ応援をよろしくお願いいたします。

神戸俊平4.png【プロフィール】
神戸 俊平かんべ しゅんぺい
1946年 東京生まれ
1969年 日本大学獣医学部卒業。
1981年 ケニア・ナイロビ大学獣医学部修士課程終了。
1971年 アフリカに渡り15カ国の動物保護区などをサファリする。
1981年 ナイロビ市で獣医開業。
1991年以降、マサイ地域でツェツェバエ・コントロールやボランティア活動に取り組む。

1997年 第9回毎日国際交流賞
 この賞は、「一般市民の国際理解を深めることを目的として」平成元年、毎日新聞社により創設されたものです。
1995年 平成7年度外務大臣国際交流賞
1988年 日本大学農獣医学部賞受賞
1982年 第12回日本児童文芸新人賞「ぼくとキキのアフリカ・サフアリ」

(その他詳しいプロフィールのホームページ)
http://www.s-kambevet.org/profile.html

象牙.jpg←象牙は日本などの印鑑に使用されることで高値で売れる。ゾウの密猟者たちは中国人に売る。そしていろいろ経由して日本の印鑑になる

マザレを歩くとゴミがあまりにひどいことに驚く。それ故に、匂いもかなりきつかった。ここに住まないといけない人々がいる、、、。ビニール袋や生ゴミ、排泄物などが一緒になってしまう。適切なゴミ処理施設はないが生活とともにゴミが出る。通りに堆積したゴミをよけて人々は歩いているプラスティックゴミだけの写真.jpg

神戸俊平イベントチラシ.ai

お申込み

終了しました。

03−6805−2638
darwinroom@me.com
※メールの場合は下記の項目を
      必ずお書きください。
件名:10/14アフリカ日記の参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:

WEB予約はこちらから

担当:清水久子

神戸さんの書籍/陳列.jpg

神戸さんの書籍/平置き.jpg