DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-07-14    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お知らせ|宇宙物理学者 池内 了『科学のこれまで、科学のこれから』

科学のこれまで、科学のこれから
- 文 化 と し て の 科 学 ー

 NHK番組「フランケンシュタインの誘惑」シリーズのレギュラーコメンテーターなどでテレビでもお馴染みの宇宙物理学者の池内 了さんと、武蔵野美術大学科学映像学科教授の三浦 均 さんに聞き手をお願いした特別トークイベントを開催いたします。

科学のこれまで、科学のこれから
- 文 化 と し て の 科 学 ー
日 時|2017.12.16(土)18:00〜21:00/開場 30 分前
講 師|池内 了 さん/宇宙物理学者理学博士
聞き手|三浦 均 さん/武蔵野美大教授理学博士
会 場|下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ
料 金|¥3,000税込/高校生以下半額/おいしいコーヒーか紅茶付き

池内さんのメッセージ
 役に立つ科学ばかりが強調され、科学者は厳しい競争に曝されて、「何のための科学か、誰のための科学か」という科学研究の原点が忘れられようとしている。私は、科学は科学の前身である「自然哲学」、つまり自然を哲学する学問に立ち戻るべきではないか、と考えている。
 それは文化に徹した科学のことである。
 1800年前後の江戸時代には、数多くの博物学者・窮理学者が現れ、それぞれ本職を持ちながら自然の探究を楽しんだ。その中で、宇宙論に入れあげた司馬江漢と山片蟠桃を紹介して、科学のこれからの方向を考えてみたい

池内 了|いけうち さとる
池内 了 さんイラスト.jpg1944年兵庫県生まれ、1972年京都大学大学院理学研究科物理学専攻修了、理学博士。北海道大学や名古屋大学を経て総合研究大学院大学に勤務。現在は、名古屋大学及び総合研究大学院大学名誉教授。専門は宇宙物理学・宇宙論、科学・技術・社会論。世界平和七人委員会委員。著書に、『科学者と戦争』(岩波新書)、『兵器と大学』(共著、岩波ブックレット)、『ねえ君、不思議だと思いませんか』(而立書房)、『ヒトラーと物理学者たち』(共訳、岩波書店)、『科学・技術と現代社会』(みすず書房)、『反東京オリンピック宣言』(共著、航思社)、『宇宙論と神』『物理学と神』(いずれも集英社新書)など多数。

三浦 均|みうら ひとし
三浦 均さんイラスト.jpg1962年神戸生まれ。京都大学理学部卒業、神戸大学大学院博士課程修了、理学博士。武蔵野美術大学映像学科教授。主に物理学、天文学などを学ぶ。理化学研究所基礎科学特別研究員などを経て現職。デジタル映像で宇宙を描く、国立天文台4D2Uプロジェクトに参画。美術大学で映像表現、CGアニメーションなどを教えている。「The Origin Of The Moon」「地球型惑星の誕生」「デジタルエンブリオ」など、原子分子から宇宙まで、森羅万象をデータに基づいたコンピュータグラフィックスで描く作品を多数手がける。

ーーー

松岡正剛さんが、池内了さんが2002年に出版された
物理学と神」についての書評を書かれています
http://1000ya.isis.ne.jp/1254.html

科学のこれまで、科学のこれから/チラシ完成版.ai

▶参加お申込みは下記へ

終了しました。

好奇心の森 ダーウィンルーム
担当:清水久子
tel:03-6805-2638
mail:darwinroom@me.com

〒155-0032
東京都世田谷区代沢5-31-8
-------------------------------------
メールの場合は必ず下記の項目をお書きください。
・件名:12/16カフェ 参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:
-------------------------------------

窮理学 きゅうりがく:江戸後期から明治初期にかけて、西洋流の学問一般、特に物理学をさした語。

司馬 江漢 しば こうかん 1747-1818 江戸生まれ。著名な画家であり、窮理学者であり、エッセイストでもあるとともに、日本最初の銅版画を制作し、日記文学の白眉「西遊日記」を書き、地動説を唱導したという多彩な人物です。晩年の彼の哲学じみた文章がおもしろい。

山片 蟠桃 やまがた ばんとう 1748-1821 播磨国生まれ。米仲買の升屋の番頭として辣腕を振るって商売を成功させる一方、地動説を越えて恒星が無限に散らばる大宇宙論を展開し、その仮説も含めた「夢の代(しろ)」は合理主義思想のさきがけとなりました。

イラスト:しみず ひさこ