DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-07-14    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お知らせ|DARWIN DAY 2018の開催

DARWIN.jpgこの2月はチャールズ・ダーウィン月間として2/7の『種の起源』を選書したダーウィンルーム読書会をかわきりに、いよいよ今年も待ちかねたチャールズ・ダーウィンの生誕(2/12)を記念する特別の3日間です。どうぞご参加ください!

ダーウィンルームが贈る『知の冒険』
DARWIN DAY 2018
SPECIAL THREE NIGHTS @DARWIN ROOM

ホスト:渡辺 政隆さん
第1夜 2月10日(土)18:00〜20:00 ゲスト:増崎英明さん  →終了
第2夜 2月11日(日)18:00〜20:00 ゲスト:最相葉月さん  →終了
第3夜 2月12日(月)18:00〜20:00 ゲスト:長谷川眞理子さん→終了
会 場:下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ[下北沢駅南口徒歩5分]
料 金:一般¥2,500 大学生¥1,500 高校生以下 ¥1,000 税込/ドリンク付き

[ 総合テーマ ]
進 化 論 に 魅 せ ら れ た
The Journey Enchanted by Evolution

[ 概 容 ]
1809年2月12日、チャールズ・ロバート・ダーウィンは、イングランド北西部の商業都市シュルーズベリで生を受けました。ターウィンが1859年に出版した『種の起源』は、文字通り一夜にして世界を変えました。その影響は今に続いています。その偉業により彼の誕生日はダーウィン・デイと称され、世界各地で記念イベントが開催されています。
 ダーウィンルームにおける2018年ダーウィン・デイ記念イベントの総合テーマは「進化論に魅せられた旅」。今年もダーウィン研究の第一人者である渡辺政隆氏をホストに、2月10、11、12日の3夜連続のトークイベントを開催します。

On February 12 in 1809, Charles Robert Darwin was born in Shrewsbury, England,. On the Origins of Species published by Darwin in 1859 changed the world literally overnight and the impact has continued even now. Darwin’s birth day 12 February is the International Darwin Day. Special events are held to celebrate his achievement and to promote the sense of wonder around the world.
The main theme of this year’s Darwin Day event at the Liberal Arts Lab Darwin Room is “The Enchanted Voyage by Evolution.” It consists of three nights Darwin Discourse and mini exhibitions related to Darwin from February 10 to 12. The host of the talk events will be Professor Masataka Watanabe who is a leading Darwin researcher in Japan.

第1夜 2月10日(土)18:00~20:00
「医学発、進化論行」増崎英明さん+渡辺政隆さん
 The First Night: 10 February 18:00~20:00
From Medical Science to Evolutionary Theory
Hideaki Masuzaki + Masataka Watanabe

ダーウィンは当初、医師を志しました。しかし、麻酔なしの外科手術に恐れをなし、自然史学に転じました。日本西洋医学の祖シーボルトは、自然史学者でもありました。医学と自然史学との相性について語り合います。
Young Darwin gave up studying medicine and became a naturalist. Von Siebold who is regarded as a father of western medicine in Japan was also a naturalist. Professor Masuzaki and Watanabe will talk about compatibility of medicine and natural history.

第2夜 2月11日(日)18:00~20:00
「著述家ダーウィン」最相葉月さん+渡辺政隆さん
The Second Night: 11 February 18:00 ~ 20:00
Darwin as a Writer
Hazuki Saisho + Masataka Watanabe

ダーウィンは、研究者であると同時にサイエンスライターでもありました。著述家としてのダーウィンに光を当てます。
Darwin was both a scientist and a science writer. Ms. Saisho and Mr.Watanabe will focus on Darwin as an author.

第3夜 2月12日(月・休)18:00~20:00
「ダーウィンを巡る旅」長谷川眞理子さん+渡辺政隆さん
The Third Night: 12 February 18:00~20:00
The Journey around the Darwin’s World
Mariko Hasegawa + Masataka Watanabe

ダーウィンゆかりの地を切り口に、ダーウィンの進化理論について語り合います。
Professor Hasegawa and Professor Watanabe will talk about the Darwin’s evolutionary theory in connection with places associated with him.

主催:ダーウィンルーム
Organized by Darwin Room

共催:日本サイエンスコミュニケーション協会(JASC)
Co‒organized by Japanese Association for Science Communication (JASC)

【出演者プロフィール】Host and Guests

渡辺 政隆(わたなべ まさたか Masataka Watanabe) 筑波大学教授、JASC会長。専門、科学史、進化生物学、サイエンスコミュニケーション。『ダーウィンの遺産』『ダーウィンの夢』『一粒の柿の種』などの著書のほか、『種の起源』(ダーウィン著)、『ダーウィン』(デズモンド、ムーア著)、『ワンダフル・ライフ』(グ ールド著)、『乾燥標本収蔵1号室』(フォーティ著)など訳書多数。
Masataka Watanabe is a Professor in the University of Tsukuba and the president of JASC. He has been a science writer and researched history of science and evolutionary biology for over 30 years. He is an author of six books and a co‒author of three books about history of science and evolutionary biology. He also translated over 50 English popular science books into Japanese including almost all books written by Stephen Jay Gould and The Origin of Species.

増崎 英明(ますざき ひであき)
長崎大学理事、長崎大学病院長/産婦人科教授。専門は胎児学、遺伝学。『密室』『密室Ⅱ』その他、著書・論文は多数。ダーウィン、鴎外・漱石、盆栽をこよなく愛する。
Hideaki Masuzaki is a professor of Nagasaki University, and is concurrently a director of the attached hospital. He loves Darwin, Ogai Mori, Soseki Natsume, Bonsai deeply.

最相 葉月(さいしょう はづき)
ノンフィクションライター。科学技術と人間の関係性、スポーツ、精神医療などをテーマに執筆活動を展開。著書に『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)『青いバラ』『ビヨンド・エジソン』『セラピスト』『理系という生き方 東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』など多数。『星新一』にて大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞、日本SF大賞などを受賞。
Hazuki Saisho is a nonfiction writer. Her work covers from the relation between science and human, music, sports, to mental health. She interviewed Mitsuru Furusawa who had advocated the disparity theory of evolution(1992).

長谷川 眞理子(はせがわ まりこ)
総合研究大学院大学学長。専門は行動生態学、自然人類学。野生のチンパンジー、ダマジカ、野生ヒツジ、スリランカのクジャクなどの研究を行ってきた。最近は人間の進化と適応の研究を行なっている。『クジャクの雄はなぜ美しい?』『進化とは何だろうか』『ダーウィンの足跡を訪ねて』などの著書のほか、『人間の進化と性淘汰Ⅰ,Ⅱ(チャールズ・ダーウィン著)』『ダーウィンの種の起源』(ジャネット・ブラウン著)ほかの訳書がある。

Mariko Hasegawa is the president of SOKENDAI (The Graduate University for Advanced Studies). The main theme of her study is behavioral ecology and physical anthropology. She has been studying fallow deer in UK, gender difference in growth and population dynamics of wild sheep in St. Kilda, the Outer Hebrides Archipelago, and wild peacock in Sri Lanka. She is now focusing her research to human evolution and adaptation. She published many books about evolution and animal behavior. She translated The Descent of Man by Darwin into Japanese.

DARWIN DAY2018-和文.ai

DARWIN DAY2018-英文ー.ai

▶お申込み
終了いたしました。

03-6805-2638
darwinroom@me.com

メールの場合は必ず下記の項目をお書きください。
件名:(例えば)2/10参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:

WEB予約はこちら

好奇心の森「ダーウィンルーム」
〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8
担当:清水久子

DARWIN DAY 2018バーナーFFF.ai

イラスト:しみず ひさこ

▶Darwin Room NEWS
International Darwin DayウェブサイトにDarwin Roomが登録&掲載されました。
チャールズ・ダーウィン生誕の2月12日に、彼にちなんだイベントを開催する世界各国のリストです。日本ではDarwin Roomが『Dawin Day』唯一の開催です。
よろしければご覧ください。
http://darwinday.org/events/

Darwin Day 2016 のポスター
魅せられた航海.ai