DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-07-14    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

ダーウィンルーム読書会 福澤諭吉『学問のすすめ』
 教養のための読書をともにーー。
 ダーウィンルーム読書会、3月7日(水)は福澤諭吉『学問のすすめ』 をとりあげます。
 はじめにおひとりずつ簡単な感想をお話しいただいた上で、参加者のみなさんと議論していきます。
━━━━━━━━━━━━
ー ダーウィンルーム読書会 福澤諭吉『学問のすすめ』 ー
日時:2018年3月7日(水)19:30~21:00 /開場は30分前
キュレーター:住田朋久さん
会場:下北沢ダーウィンルーム〈2F〉ラボ
参加:¥2,000税込/ドリンク付き
主催:ダーウィンルーム・SYNAPSE Lab.
━━━━━━━━━━━━
福澤諭吉(齋藤孝訳)『現代語訳 学問のすすめ』ちくま新書、2009年(1872〜1876年)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480064707/
(青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/47061_29420.html 、慶應義重大学出版会、岩波文庫など)
配布資料https://docs.google.com/document/d/1rkMLFevhM1ja0KiBo14YtDg8S2m1FfGYTA86sSLBYBg/edit?usp=sharing
━━━━━━━━━━━━
参考
福澤諭吉(齋藤孝編訳)『現代語訳 福翁自伝』ちくま新書、2011年(1899年)
山路愛山・‎丸山眞男ほか著、市村弘正編『論集 福沢諭吉』平凡社ライブラリー、2017年
丸山眞男(松沢弘陽編)『福沢諭吉の哲学 他六篇』岩波文庫、2001年
「福沢諭吉の生涯」慶應義塾
https://www.keio.ac.jp/ja/about/philosophy/fukuzawa.html

キュレーター・プロフィール
住田 朋久・すみだ ともひさ
SYNAPSE Lab.、出版社勤務、電気通信大学・慶應義塾大学非常勤講師。2013年、東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得退学(科学史・科学哲学)。日本科学未来館科学コミュニケーター、日本学術振興会特別研究員(DC1)、東京大学大学総合教育研究センター特任研究員などを経て現職。共訳書に、シーラ・ジャサノフ『法廷に立つ科学』、スティーヴ・フラー『知識人として生きる』、上田昌文・渡部麻衣子編『エンハンスメント論争』など。
http://researchmap.jp/sumidatomohisa/
━━━━━━━━━━━━

今後の予定
4月4日(水) フランクル『新版 夜と霧』
4月18日(水) 石牟礼道子『椿の海の記』
5月9日(水) 中谷宇吉郎『科学の方法』
以後毎月第1水曜19:30から開催します。

<お申し込み先>

終了しました。

好奇心の森「ダーウィンルーム」
〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8
電話 & FAX:03-6805-2638
メール:darwinroom@me.com

福沢諭吉『学問のすすめ』¥886(ちくま新書).jpg

現代語訳『学問のすすめ』福沢諭吉著 斎藤孝訳ちくま新書は、ダーウィンルームでお買い求めできます。