DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-09-17    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お知らせ|第5回 環世界研究室かくれた次元の開催

第5回 環 世 界 研 究 室
か く れ た 次 元
生き物は周囲と適切な距離をはかって生活しています。例えば、人が満員電車が苦痛であるのと同じように、バッタを虫かごに入れすぎるとストレスがたまって共食いが起こります。でもアリは密度過多でも平気なようです。なぜでしょうか?あるいは、モノとの距離。鈴虫の虫かごに石をおけば石のまわりに集まりだし、石にのったり、隙間にはいったりと、明らかに石には距離を狭めていきます。今回、動物がもつかくれた次元を参考に、「間(=ま)」とは何かについて議論してみたいと思います。

2018..29.sun 18:00〜20:00/開場30分前
キュレーター:釜屋憲彦さん|環世界キュレーター
   ゲスト:池田威秀さん|京都大学野生動物研究センター研究員
参加料:一般¥2,000 税込/大学生¥1,500/高校生以下¥1,000
    おいしいコーヒーまたは紅茶 付
会 場:下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ

釜屋 憲彦|かまや のりひこ
1988年島根県松江市生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科認知科学分野修了。生物が体験している世界(環世界)をテーマに研究、展示を行っている。DARWIN ROOM 2015 環世界展キュレーター。

池田 威秀|いけだ たけひで
東京工業大学大学院生命理工学研究科博士課程修了。博士(理学)。
お茶の水女子大学/慶応義塾大学等 非常勤講師を経て京都大学野生動物研究センター研究員、アマゾンの生物多様性保全PRJCに従事。DARWIN ROOM 2016 カエル展キュレーター。AMAZONバー・マスター

環世界研究会 概要
第1回 環世界研究室 環世界ってなんだろう。
第2回 環世界研究室 離島で写真と生きる
第3回 環世界研究室 ダーウィンのまなざし、ミミズの環世界
第4回 環世界研究室 漁師という生き方


第5回間世界研究室・かくれた次元.ai

お申込み
終了しました。
電話 & FAX
03-6805-2638
メール
darwinroom@me.com

※メールの場合は下記の項目を
     必ずお書きください。
・件 名:4/29 環世界 参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:

好奇心の森「ダーウィンルーム」
155-0032
世田谷区代沢5-31-8-101

定例イベント『環世界研究室』
【 概 要 】
動物や昆虫、植物といった生物はどのような世界を見ているのでしょうか?彼らが機械ではなく、生き物である以上、何とか生き抜こうとする主体がそれぞれの個体に潜み、何かを体験しているはずです。きっとその世界は我々人間が知っているものとは違う、想像をはるかに超えた世界でしょう。本研究室では、研究者から独自の感覚・思考で表現活動をされている作家まで、多様なゲストを招き、生物から見た世界(環世界:かんせかい)を探求していきます。