DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-07-14    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お知らせ|アンコール開催の決定!
手廻しロクロ.png
日本民藝館とダーウィンルームの連続共同企画イベント
民藝を観る、知る。感じる。 
ー柳 宗 悦 の ま な ざ しー

【 企 画 概 要 】
 大正15年から続く「民藝=みんげい」とは何か?
 ダーウィンルームはキュレーター綱脇健祐さんの協力で、日本民藝館・学芸部長の杉山享司さんをお招きして、連続2回の講座を第1回はダーウィンルームを会場に、第2回は日本民藝館を訪ねて、実際の民藝品を観ながら考えることにしました。
 中心となったのは、心豊かに暮らせる社会にするためには「美と生活」を結びつけることが大切と考えた柳宗悦(やなぎ・むねよし)です。原点は白樺派の「国家より個人の価値を大切にし、新しい世を自分たちで作って行こう。」という理想でした。ダーウィンルームは、私たちが今再び学ぶことが大事ではないかと考えます。
 ぜひ連続、またはいづれか1回のご参加でも大歓迎です!

講師:杉山享司さん|日本民藝館・学芸部長
キュレーター:綱脇健祐さん|福耕堂

 手はただ動くのではなく、いつも奥に心が控えていて、これがものを創らせたり、働きに悦びを与えたり、また道徳を守らせたりするのであります。
ー 柳 宗悦「手仕事の日本」より
 柳の説く民藝とは、単にモノの美を語るだけの思想ではありません。暮らしや社会のあり方を問うものなのです。柳のまなざしの先にあったものを、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。(文:杉山享司)
ウィンザーチェア.png
主催:ダーウィンルーム
協力:日本民藝館

第1回【前 編】
日時:2018年7月6日(金)19:30〜21:30 開場は30分前
会場:下北沢・ダーウィンルーム〈2F〉ラボ
定員:50名
料金:一般¥2,500/大学生¥1,500/高校生以下¥1,000税込
おいしいコーヒーか紅茶付き

第2回【後 編】
日時:2018年7月8日(日)14:00~16:00
   日本民藝館受付からご入場ください西館の開場は30分前
会場:日本民藝館・西館(旧柳宗悦邸)www.mingeikan.or.jp
定員:30名
料金:一般¥3,500/大学生¥2,500/高校生以下¥2,000税込・日本民藝館入場料含む
(日本民藝館 〒153-0041 目黒区駒場4-3-33/京王井の頭線 東大駒場前駅 西口徒歩7分)

杉山 享司|すぎやま たかし
1957年生まれ。早稲田大学を卒業後、日本民藝館に学芸員として勤務し、現在は学芸部長。専門分野は工芸史及び工芸論、博物館学。館の運営や展覧会の企画をはじめ、教育普及の活動に携わり、多摩美術大学や武蔵野美術大学等で兼任講師を務めている。『美の壺-柳宗悦の民藝』(NHK出版)、『趣味どきっ! 私の好きな民藝』(NHK出版) 等への執筆あり。

綱脇 健祐|つなわき けんすけ
福岡生まれ。明治大学文学部卒。卒論は記紀神話。現在は生の困難に立ち向かうための福耕堂を起業準備中。思考することや表現することの生活へのインストールを考えている。カステラは福砂屋よりも文明堂。

お問合せ&お申込み│好奇心の森「ダーウィンルーム」
*要予約|連続ご参加にはオリジナルの粗品進呈
tel:03-6805-2638
mail:darwinroom@me.com
〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8/下北沢駅南西口徒歩4分

民藝を観る、知る、感じる。/チラシ完成F/アンコール.ai

お申込み
終了しました。

03−6805−2638
darwinroom@me.com
※メールの場合は下記の項目を
      必ずお書きください。
件名:7/6又は7/8民藝の参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:

柳の文章(藍色).psd

コーヒーカップこげ茶.png

コーヒーカップ茶.png

山ぶどうの手提げ籠.png

イラスト:しみず ひさこ