DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-11-09    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お知らせ|南方熊楠の夢思考~開かれる全体性~

総合知の巨人ともいえる歴史上の人物が、例えばレオナルド・ダヴィンチ、チャールズ・ダーウィン、バックミンスター・フラーなど、またウォルト・ディズニーもそうかもしれない。そういう巨人たちの思考は、専門知にとどまらずなぜ全体をめざしたのか?かねてからダーウィンルームが知りたかった日本の代表的な南方熊楠の全体性について、熊楠研究の新たな段階に入ったといわれる研究者 唐澤太輔さんに語っていただきます。お見逃しなく!
南方熊楠.jpg
南 方 熊 楠 の 夢 思 考
~ 開かれる全体性 ~

2018年7月28日(土)19:00〜21:00/30分前開場
講師:唐澤 太輔さん|南方熊楠思想研究家、博士(学術)
料金:¥2,500 税込 大学生¥2,000 高校生以下¥1,500
       おいしいコーヒーか紅茶付き
会場:下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ

南方熊楠は、多くの夢を蒐集しました。彼の日記・書簡・論考には様々な夢が記録されています。熊楠にとって夢の探求は自身の学問の要とさえ言えるものでした。夢の中では、あらゆる矛盾が通常の時間・空間を超えて一気に解消することがあります。熊楠は、全てを融通無碍につなぎ合わせ、全体性を開いてくれる、このいわば〈夢思考〉に新しい学問の可能性を感じていました。枠組みや障碍を無化し、項と項とを容易に組み換える夢を探求することで、熊楠が見出したものとは何だったのかを考えてみたいと思います。

唐澤 太輔 からさわ たいすけ
1978年神戸市生まれ。博士(学術)。早稲田大学社会科学総合学術院助手・助教を経て現在、龍谷大学世界仏教文化研究センター博士研究員。専門は、哲学・倫理学、文化人類学、南方熊楠の思想研究。「ひらめきと創造的活動のプロセス―南方熊楠の「やりあて」に関する考察を中心に―」で、第5回涙骨賞最優秀賞(2009年)、早稲田大学小野梓記念学術賞(2010年)授賞。著書に『南方熊楠の見た夢―パサージュに立つ者―』(勉誠出版2014年)、『南方熊楠―日本人の可能性の極限―』(中公新書2015年)など。

南方熊楠の夢思考/チラシ.ai

▶お申込み

【予約受付中】

03-6805-2638
darwinroom@me.com

メールの場合は必ず下記の項目をお書きください。
件名:7/28 南方熊楠
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:

南方熊楠の見た夢.jpg