DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2018-11-09    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。

お知らせ|ダーウィンルーム読書会・多田富雄『免疫の意味論』を開催します

教養のための読書をともにーー。
 ダーウィンルーム読書会、12月19日(水)は多田富雄『免疫の意味論』をとりあげます。はじめに、おひとりずつ簡単な感想をお話しいただいた上で、参加者のみなさんと議論していきます。
・はじめての方、お気軽にご参加下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダーウィンルーム読書会・多田富雄『免疫の意味論』
日 時:2018年12月19日(水)19:30~21:00/開場は30分前
キュレーター:松本 雄大さん
会 場:下北沢ダーウィンルーム〈2F〉ラボ
参 加:一般¥2,000/大学生・大学院生¥1,500/高校生以下¥1,000税込
    おいしいコーヒーか紅茶付き
主 催:ダーウィンルーム・Synaps
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
多田富雄『免疫の意味論』青土社、1993年
http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=395

多田富雄について(wikipedia):https://ja.wikipedia.org/wiki/多田富雄

配布資料(準備中)


「非自己」から「自己」を区別して個体のアイデンティティをきめる免疫。臓器移植やアレルギーやエイズなどの社会問題とのかかわりのなかで自己の崩壊のあとをたどり、超システムと言うべき生命とは何かを改めて問う問題の書。
第20回大佛次郎賞受賞
(引用:青土社ウェブサイト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参 考:
①多田富雄さんの考え方について知りたい方

→『STANDARD BOOKS 多田富雄
からだの声をきく (平凡社, 2017年)』
②免疫学の歩みをドキュメントタッチで知りたい方

→岸本忠三,中嶋彰『免疫が挑むがんと難病 講談社(ブルーバックス) 2016年』③免疫の仕組みを分かりやすく概観したい方

→審良静雄,黒埼知博『新しい免疫入門 講談社(ブルーバックス) 2014年』
④免疫学をしっかり学びたい方

→『Janeway’s 免疫生物学 原書第7版 南江堂 2010年』
⑤体内の戦いの雰囲気をマンガで知りたい方

→清水茜『はたらく細胞(1)~ (既刊5巻) 講談社 2015年~』

キュレーター/プロフィール
松本 雄大|まつもと ゆうだい
1991年広島県生まれ。東京大学大学院薬学系研究科修了。修士(薬科学)。遺伝学教室(三浦正幸研究室)にて、生き物を見ること、考えることの面白さを知る。現在は番組制作会社に勤務。
----------------------------
今後の予定
2019年1月 9日(水)ユヴァル・ノア・ハラリ『ホモ・デウス』/キュレーター:田中慎太郎さん
1月21日(月)ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史』アンコール/キュレーター:住田朋久さん
2月 6日(水)チャールズ・ダーウィン『ビーグル号航海記』/キュレーター:住田朋久さん
3月 6日(水)レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』アンコール/キュレーター:住田朋久さん
4月 3日(水)『チェルノブイリの祈り』/キュレーター:住田朋久さん
調整中 コンラント・ローレンツ『ソロモンの指輪』/キュレーター:池田威秀さん

毎月第1水曜19:30から定期開催します。
さらに+1回の不定期開催があります。

<お申し込み>
【ご予約受付中】
電話 & FAX:03-6805-2638
メール:darwinroom@me.com
WEB予約はこちら
■ご予約はお電話・メール・店頭でも承ります。
*WEB予約の際には、備考欄にお電話番号のご記入をお願いいたします。急を要する連絡事項はお電話でいたします。ご協力のほどお願いいたします。

好奇心の森「ダーウィンルーム」
〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8

免疫の意味論.jpg
著者名:多田 富雄
価 格 : 古書扱い

この本はDARWIN ROOM 1Fショップでご購入いただけます。