DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2019-05-24    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(The Renaissance of Liberal Arts)を理念に、書籍と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、研究者を招いたリベラルアーツ・カフェを行い『考える人を応援する』ショップ&ラボです。

お知らせ|DARWIN DAY 2019のスペシャル4ナイトを開催
22167_318863111536_7096494_n.jpg
ダーウィンルームが贈る『知の冒険』
第4回 DARWIN DAY 2019
SPECIAL FOUR NIGHTS @ DARWIN ROOM
[ 総合テーマ ]
自然の理(ことわり)というものが持つたのしさ
The Delight Order of Nature Inspires
[ 概 容 ]
 チャールズ・ターウィンが1859年に出版した『種の起源』は、文字通り一夜にして世界を変えました。その影響は今に続いています。その偉業により彼の誕生日はダーウィン・デイと称され、世界各地で記念イベントが開催されています。
 ダーウィンルームにおける2019年ダーウィン・デイ記念イベントの総合テーマは「自然の理(ことわり)というものが持つたのしさ」。今年もダーウィン研究の第一人者である渡辺政隆氏をメインホストに、2月9、10、11、12日の4夜連続のトークイベントを開催します。
▶︎DARWIN DAY 2019全体はこちら

ホスト:渡辺 政隆さん
会 場:下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ[下北沢駅南西口徒歩5分]
料 金:(各回) 一般 ¥2,500 大学生 ¥1,500 高校生以下 ¥1,000 税込/ドリンク付き

第1夜 2月9日(土)18:00~20:00
「胎児のはなし」最相葉月+増崎英明+渡辺政隆

かねてより先端生殖医療に関心をもつ最相さんは、2018ダーウィンデイが縁で知り合った、胎児超音波診断の第一人者である増崎さんと意気投合し、共著を上梓することになりました。命の不思議、誰もが経験しているのに記憶にない胎児という存在について語り合います。

主催:ダーウィンルーム
共催:日本サイエンスコミュニケーション協会(JASC)

渡辺 政隆(わたなべ まさたか Masataka Watanabe)
筑波大学教授、JASC会長。専門、科学史、進化生物学、サイエンスコミュニケーション。『ダーウィンの遺産』『ダーウィンの夢』『一粒の柿の種』などの著書のほか、『種の起源』(ダーウィン著)、『ダーウィン』(デズモンド、ムーア著)、『ワンダフル·ライフ』(グールド著)、『乾燥標本収蔵1号室』(フォーティ著)など訳書多数。

最相 葉月(さいしょう はづき Hazuki Saisyou
ノンフィクションライター。科学技術と人間の関係性、スポーツ、精神医療などをテーマに執筆活動を展開。著書に『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)『青いバラ』『東京大学応援部物語』『ビヨンド・エジソン』『最相葉月仕事の手帳』など多数。『星新一』にて大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞、日本SF大賞、日本推理作家協会賞(評論その他の部門)、星雲賞(ノンフィクション部門)を受賞。

増崎 英明(ますざき ひであき Hideaki Masuzaki
長崎大学理事、長崎大学病院長。専門は胎児学、遺伝学。『密室』『密室Ⅱ』その他、著書・論文は多数。ダーウィン、鴎外・漱石、盆栽をこよなく愛する。
ーーー他の夜会へ
2019.2.10(日)DARWIN DAY 2019(2)「江戸の骨は語る」篠田謙一+渡辺政隆
2019.2.11(月)DARWIN DAY 2019(3)「“光文社古典新訳文庫”誕生秘話」駒井稔+渡辺政隆
2019.2.12(火)DARWIN DAY 2019(4)「ダーウィンさん誕生日おめでとう!」清水隆夫+渡辺政隆

▶お申込み
終了しました。
03-6805-2638
darwinroom@me.com

メールの場合は必ず下記の項目をお書きください。
件名:(例えば)2/9参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:

WEB予約はこちら

好奇心の森「ダーウィンルーム」
〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8

▶︎ 胎 児 の は な し
 DARWIN DAY 2018 が縁で知り合った最相さんと増崎さんは意気投合し、共著を上梓されたのがこの本です!2019年1月29日の発売に合わせて、1年前にご縁があったダーウィンルームのその場所で2月9日にご対談いただきます!
 本はダーウィンルームの1Fショップでご購入いただけますし、2/9(土)の当日は2Fラボ会場でも販売いたします。当日は最相さん増崎さんにお願いしてサイン入りでお求め頂けるかもしれませんね!
 また出版元の京都のミシマ社のホームページの『胎児のはなし』のページには「ミニマガ情報」として最相葉月さんと増崎英明さんそれぞれ別に取材インタビューが掲載されていて、増崎さんのには動画メッセージもありますので、ぜひご覧ください!

ミシマ社の情報はこちら

胎児のはなし.jpg
最相葉月、増﨑英明(著)
1,900円+税
ミシマ社
判型:四六判並製
頁数:320ページ
発刊:2019年1月29日