DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2019-07-19    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(The Renaissance of Liberal Arts)を理念に、書籍と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、研究者を招いたリベラルアーツ・カフェを行い『考える人を応援する』ショップ&ラボです。

お知らせ|#17 環世界研究室×ダーウィンルーム読書会の開催

 動物は人間よりも命が軽いのだろうか。一度は考えたことのある問いだと思います。
 倫理学者のピーター・シンガーは『動物の解放』でこの問いに対してさまざまな事例を挙げながら論理的に真正面から論じています。世界における動物福祉論の最大の画期となった本書をもとに、ヒトと動物のこれからを考えます。(文:釜屋憲彦)

テーマ:
日 時:2019年 4月26日(金)19:30~21:30/開場30分前
キュレーター:住田 朋久|読書会キュレーター・SYNAPSE Lab.
キュレーター:釜屋 憲彦|環世界キュレーター
会 場:下北沢・ダーウィンルーム2Fラボ
参加費:大人¥2,500 税込 大学生¥2,000 高校生以下¥1,500/コーヒーか紅茶付き

第17回環世界研究室は、ダーウィンルーム読書会とコラボレーションして、第16回環世界研究室『ヒトの幸せ、動物の幸せ』のテーマを通して、ピーター・シンガー著『動物の解放』を取り上げます。迎えるのは環世界の釜屋憲彦さんがキュレーターを担当して、読書会の住田朋久さんと両方の会のキュレーターお二人がお迎えするという豪華版です。

テーマに関心はあるが、まだ読んでいない。どんな本か知りたい。という方も大歓迎です。
・もし可能でしたらあらかじめ以下の章を読んで頂くと良いかもしれません。
第一章 すべての動物は平等である
第六章 現代のスピシーシズム

■選書について
(ダーウィンルームでは取り扱っていないので、図書館または書店、通販でお買い求めください。)
『動物の解放(改訂版)』¥4,752(税込)単行本|2011人文書院
ピーターシンガー(著), Peter Singer (原著),戸田(翻訳)

■プロフィール
住田 朋久|すみだ ともひさ
SYNAPSE Lab.、出版社勤務、電気通信大学・慶應義塾大学非常勤講師。2013年、東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得退学(科学史・科学哲学)。日本科学未来館科学コミュニケーター、日本学術振興会特別研究員(DC1)、東京大学大学総合教育研究センター特任研究員などを経て現職。共訳書に、シーラ・ジャサノフ『法廷に立つ科学』、スティーヴ・フラー『知識人として生きる』、上田昌文・渡部麻衣子編『エンハンスメント論争』など。
http://researchmap.jp/sumidatomohisa/

釜屋 憲彦|かまや のりひこ
1988年島根県松江市生まれ。慶應義塾大学 SFC研究所上席所員。京都大学大学院人間・環境学研究科認知科学分野修士課程修了。森岡書店の書店員を経て独立。野生生物の調査員として働く傍ら、生物が独自に体験する世界(環世界)をテーマに研究、執筆活動を行なっている。DARWIN ROOM 2015 環世界展キュレーター。

動物の解放.png

お申込み
【ご予約受付中】
電話
03-6805-2638
メール
darwinroom@me.com
WEB予約

■ご予約はお電話・メール・店頭でも承ります。
WEB予約の際には、備考欄にお電話番号のご記入をお願いいたします。急を要する連絡事項はお電話でいたします。ご協力のほどお願いいたします。

※メールの場合は下記の項目を必ずお書きください。
・件 名:4/26 環世界×読書会 参加申込み
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:


好奇心の森「ダーウィンルーム」
155-0032世田谷区代沢5-31-8-101