DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2019-06-17    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(The Renaissance of Liberal Arts)を理念に、書籍と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、研究者を招いたリベラルアーツ・カフェを行い『考える人を応援する』ショップ&ラボです。

お知らせ|森優子さんの【行ってみたシリーズ】の開催

 ダーウィンルームは世界情勢を知りたい。その中でも日本と違ってヘトヘトになるまで議論を尽くすイギリスに、強い関心があります。そこでこのほど、EU離脱で揺れるイギリスをこの目で確認し、中欧、ベルギー、ポーランドと欧州をぐるりと旅された、旅行エッセイスト森優子さんに、ダーウィンルームでは2年ぶりの【行ってみたシリーズ】を開催して、リアルで刺激的な森さんの観た欧州を語っていただきます。
 しかも平日と土曜の2回公演です!ご都合の良い日にぜひご参加ください!または2回とも大歓迎です!
ーーーーーーーーーー
【森優子さんの行ってみたシリーズ/概要】
現地を歩き回れば見えてくる「リアル」と人々の本音。報道とは一味違うナマの空気感を軽妙な語り口で届ける、イラスト&写真満載のスライド・トークです。
ーーーーーーーーーー
D a r w i n R o o m L i b e r a l A r t s C a f e
旅行エッセイスト森優子さんの【行ってみたシリーズ】最新作
『がけっぷち欧州よ どこへ行く?~行きたい未来を探す旅~』

[日 時] 2019年6月14日(金) 開演19:30〜21:30
[日 時] 2019年6月15日(土) 開演19:00〜21:00
     30分前開場/一回完結。ご注意!(金)(土)では開演時間が異なります。
     予約時にいずれかのご希望日をお申しつけ下さい。
[講 師] 森 優子さん(旅行エッセイスト)
[会 場] 下北沢・ダーウィンルーム〈2F〉ラボ 
(小田急線/京王井の頭線・下北沢駅の中央改札口または小田急線南西口より歩いて約5分)
[参加料] 一般2,500円 税込/大学生2,000円/高校生以下1,500円/おいしい紅茶かコーヒー付き
・・・・・・・
★森優子さんからのメッセージ★

離脱予定日の3月29日には何が起こるのか。私は数か月前から、ロンドンの安宿のベッドをひとつ、前後4泊ぶんを確保しました。
とはいえ、じつは悶々としていたのです。自分はそこで何を見たいんだ? デモや騒動? 歴史的瞬間? そもそも、遠く離れた人さまの国のことじゃないか。
でも、ある日すっきりと雲が晴れたのでした。ああそうか、自分は未来を見つけたいんだと。

20世紀末にベルリンの壁が崩壊し、歓喜とともに広がったはずの「民主化・自由化」の行く末にある今の世界は、まるでつぎはぎで、あちこちからきしむ音が聞こえてきそう。だいいち日本での暮らしだって、不信や不安が膨らむばかり。

「人間はそうやって歴史を重ねてきたんだ。なるようにしかならないさ」

そんな風に楽観する人もいるけれど、私には無理なのです。
だって自分が生きてるのは今日・明日・あさってという「現在」なんだから、今すぐ舵を切り、希望のヒントを見出したい。

民主主義。
移民や出稼ぎの人々との共存。
国際社会との連携。
人それぞれの想いや暮らし、リチャードは、ミレナは、ムハンマドはどうするどうなる?
そもそも国って何だっけ?
イギリスの混乱は、きっと日本もこれから辿る道。

そんな気持ちで集めてきた旅の一片一片は、しょせん一人の旅行者が触れた一部に過ぎず、センセーショナルな派手さもありません。
ただ、すべてが本物であることだけは確かなんですよ。

三週間で触れて感じた欧州の今を、いっしょに旅する気分で、見てやって下さい。

・・・・・・・
森 優 子(も り ゆ う こ)プロフィール
旅行エッセイスト。1967年大阪生まれ。ガイドブック『地球の歩き方』などの編集ライターを経て93年独立、イラストも含めた執筆活動をスタート。著書は『旅のそなた!』(旅行人)、『旅ぢから』(幻冬舎など。『行ってわかったアウシュビッツ』『イスラエルとパレスチナ』『トラブル知らずの海外旅行術』など、体験と実感が生きる講演会はリピーターが多い。東京在住。モットーは「私の旅をしくじってたまるか」
https://www.facebook.com/yuko.mori.944

森優子(行ってみた)201906チラシ.jpg

▶参加お申込み
【予約受付中】
好奇心の森 ダーウィンルーム
〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8
担当:清水久子
tel:03-6805-2638
mail:darwinroom@me.com
web:web予約
-------------------------------------
メールの場合は必ず下記の項目をお書きください。
・件名:6/14または6/15カフェ 参加申込み(いずれかのご希望日をお申しつけ下さい。)
・お名前:
・参加人数:
・携帯電話番号:
-------------------------------------
皆様のご参加を待ち申し上げます。

前 半
【生で見てみた、ブレグジット】
ロンドンのデモの様子のほか、地方都市の英国人、移民など、森優子が必死でかき集めた人々の声と表情。当初の離脱予定日・3月29日のデモ現場には他に日本人は見当たらなかったので(なぜだ?!)、ある意味貴重かも。
〈休憩10分〉
後 半
【自分が行きたい未来を探しに】
ドーバー海峡を渡って、イギリス以外の欧州の人々に聞いてみた、「ブレグジットをどう思う?」の声。国境を越えるたびに変わる風景、数年ぶりに再会した友人たちの現在。そして小さな地方都市で見つけた、「おっ!」という行政の形――これからを考える希望への小さな手がかり。

訪問国★イギリス(首都ロンドン・工業都市シェフィールド・かつて交易で栄えたノーリッジ)/ルーマニア(多くの人が出稼ぎで西側へ出るEU加盟国)/セルビア(低賃金にあえぐEU非加盟国)/ベルギー(EU本部のあるブリュッセル・難民や移民問題への取り組みで注目をあびる8万人都市メヘレン)/ポーランド(中国の一帯一路政策の欧州の拠点・首都ワルシャワ)