DARWIN ROOM の公式ホームページへようこそ! 現在一部工事中につきご迷惑をおかけしています。 2019-06-17    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(The Renaissance of Liberal Arts)を理念に、書籍と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、研究者を招いたリベラルアーツ・カフェを行い『考える人を応援する』ショップ&ラボです。

お知らせ|ダーウィンルーム読書会/ダナ・ハラウェイ『伴侶種宣言』
の開催

 教養のための読書をともにーー。
 ダーウィンルーム読書会、6月3日(月)はダナ・ハラウェイ『伴侶種宣言』
をとりあげます。はじめにおひとりずつ簡単な感想をお話しいただいた上で、参加者のみなさんと議論していきます。伴侶種宣言.jpg
・はじめての方、お気軽にご参加下さい。
・『伴侶種宣言』(以文社)はダーウィンルーム1Fショップにて販売中。
━━━━━━━━━━━━━

ダーウィンルーム読書会/ハラウェイ『伴侶種宣言』ー
日 時:2019年6月3日(月)
    19:30~21:00/開場は30分前
キュレーター:齋藤 帆奈さん
会 場:下北沢ダーウィンルーム〈2F〉ラボ
参 加:一般¥2,000/大学生・大学院生¥1,500/高校生以下¥1,000税込/おいしいコーヒーか紅茶付き
主 催:ダーウィンルーム・SYNAPSE Lab.
━━━━━━━━━━━━━
ダナ・ハラウェイ『伴侶種宣言―犬と人の「重要な他者性」』永野文香訳、以文社、2013年
http://www.ibunsha.co.jp/0317-1.html
━━━━━━━━━━━━━
配布資料(作成中)

参 考:
ダナ・ハラウェイ『犬と人が出会うとき―異種協働のポリティクス』青土社、2013年
池田光穂「コンパニオン・スピーシズの問題系」
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/…/problematique_companionspec…

キュレーター・プロフィール
齋藤 帆奈・さいとう はんな
現代美術家。1988年生。多摩美術大学工芸学科ガラスコースを卒業後、metaPhorest (biological/biomedia art platform)に参加。2019年より東京大学大学院学際情報学府修士課程に在籍(筧康明研究室)。理化学ガラスの制作技法によるガラス造形や、生物、有機物、画像解析等を用いて作品を制作しつつ、研究活動も行う。主なテーマは、自然/社会、人間/非人間の区分を再考すること、表現者と表現対象の不可分性。


今後の予定
6月17日(月) ダーウィン『人間の由来』/キュレーター:飯島和樹さん
7月 3日(水) パサコフ『マリー・キュリー』/キュレーター:菱木風花さん
毎月第1水曜19:30から定期開催します。
さらに+1回の不定期開催があります。

ダナ・ハラウェイ/伴侶種宣言.jpg

<お申し込み>
【ご予約受付中】
電話 & FAX:03-6805-2638
メール:darwinroom@me.com
web:WEB予約
■ご予約はお電話・メール・店頭でも承ります。
*WEB予約の際には、備考欄にお電話番号のご記入をお願いいたします。急を要する連絡事項はお電話でいたします。ご協力のほどお願いいたします。

好奇心の森「ダーウィンルーム」
〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8